いずみホールディングスがもたらした変革について

いずみホールディングスの泉卓真さんは、流通業界を変革したパイオニア的な存在です。
泉卓真さんが登場する以前の流通業界は、非常に不便で前衛的なものでしかありませんでした。
特に食材関連の流通は、成長が頭打ちになっており、現地でしか美味しい魚介類や野菜などが食べられないような状況でした。

もちろんそういった時代には、わざわざ現地に出向いてからこそ食べられる食材なども話題となり、それなりに飲食業界は回っておりましたが、今ではいずみホールディングスの流通革命によって、新鮮な野菜やお肉、お魚を新鮮なままで食べることができるようになりました。
これにより、都市部など海や畑などから離れているようなエリアに飲食店を構えているお店も、新鮮な食材で調理したメニューを提供することができるようになりました。
いずみホールディングスが積極的に取り組んできたAI/IoTが実を結んだ結果です。

流通には、色々な業者が間に入ってくれています。
また、長い年月をかけて最適化されております。
その為、中抜きしてしまうと色々な不具合が生じることになります。
その為、いずみホールディングスのようにAI/IoTによって、効率化することによって、輸送費の大幅削減と、短時間で届く仕組みを作り上げたのです。