会社の海外進出をする上での注意点

日本企業の中でも、より大きく成長していくために海外進出をする企業が増えてきております。
ひと昔前と違って、海外進出をしている企業が増えてきておりますので、色々なノウハウなども豊富に取り揃っておりますので、ゼロから開拓するようなことはありません。
労力やリスクは軽減されておりますが、それでも日本と勝手が違いますので、苦労される方も少なくありません。

海外進出するにあたって、最も力を入れて欲しいのがオフィスの確保です。
海外は、当然ながら日本国内と習慣や考え方、法制度などが全くことなっております。
そういった中でオフィスを探すのは非常に時間と手間がかかります。
特に治安の良し悪しは、海外で働いてくれる社員の安全に大きく関わってくるところですので妥協できません。

その為、最近では海外レンタルオフィスを契約する経営者が増えております。
特に「CRSOSSCOOP(クロスコープ)」のように、日本国内にも同様のサービスを提供していたり、日本語が話せる現地スタッフのいるようなレンタルオフィスサービスを選ぶことは重要になります。
「CRSOSSCOOP(クロスコープ)」は、リモートワーク設備も充実しておりますので、日本国内にいる時と同じような働き方をすることができるのでおすすめです。

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務による働き方改革  |  クロスコープ